見える世界と見えない世界

  • 2010.03.21 Sunday
  • 23:33
気や経絡は見えない世界の事。
つまり科学的な計測ができていない。

「気や経絡が科学的に証明されれば、それが何百年後か何千年後かはわからないが、東洋医学の理論が正かった事が分かるだろう」

こんな風に言う人もいるが、私は永遠に解明されることはないと思っている。

見える世界(自然科学)が広がり(発達)をみせれば、そのぶんだけ見えない世界も広がるからだ。

それこそ陰と陽のように。

宇宙がひとつの例ではないだろうか。

観測技術が進歩すればするほど宇宙は広がりを見せる。古代の人々の世界観、宇宙観とは比べ物にならないくらいに果てしない広がりを見せている。

仮に全てが科学で解明されてしまったら、それは極陽(陰)になると言う事ではないか。

極まれば…。

スポンサーサイト

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 23:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM