スポンサーサイト
2014.12.18 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
経絡治療とは?
2010.03.28 Sunday 23:12
そもそも経絡治療とはなんなのか?

もともと鍼灸による施術は経絡の調整をすることによる疾病の回復を目的としているものですから、本来の鍼灸治療であればすべて、経絡治療であると言ってもよいわけです。

ですが実際には経絡治療とは「東洋はり医学会」や「日本経絡治療学会」などの団体が体系づけた治療システムのことをいいます。

では他の日本古来からある経絡を調整することを目的とした鍼灸治療となにが違うのか?

また、中医学による鍼灸治療となにが違うのか? 

日本古来の鍼灸治療から生まれた事は間違いありません。

それを有志の鍼灸師の方々が中心となって、体系化し教育システムをまとめあげたのが経絡治療
です。
東洋はり医学会もその過程で生まれました。
そこには日本人独特の感性による手技がはいっています。

では中医学ではいけなかったのか?

なぜ中医学とこんなに違うのか?

それは日本の歴史とおおきく関係します。

明治以降、鍼灸は西洋医学におされ風前の灯でした。民間療法として細々と生き残っているのがやっとの状態でした。
しかし昭和にはいって西洋列強に対して対抗しなければならない、日本独自の文化をアピール(国内外に対して)しなければならない、そんなときに鍼灸にも注目が集まったのです。
しかし当時は中国とも関係悪化の状態でしたから、中国に学ぶわけにもいかなかったのです。

そこで日本独自の鍼灸治療の体系として経絡治療が生まれたわけです。
もちろん政財界の有力者の後押しはあったと思います。
その方たちは当然、政治的な判断で応援していたのかもしれません。

ただ、経絡治療開発に携わった鍼灸師の先達の方々には純粋に鍼灸治療を極めようといいう思いのほうが強かったと思います。

じつは、中医学も同じような経緯で生まれ、発展しています。

文化大革命以降、中国国内においても鍼灸治療は廃れる一方でした。
しかし中国独自の文化を世界にアピールしようとする目的のもと、今度は政府が後押しして民間療法にすぎなかった鍼灸術をまとめあげて中医学が体系づけられたのです。

もっとも毛沢東をはじめ当時の政府の人々は鍼灸治療を自身が利用することはしなかったらしいです・・・。あくまで政治的なきっかけだったのでしょうね。
| TAMEZAWA | 基礎理論 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2014.12.18 Thursday 23:12
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2010/03/30 5:29 PM posted by: SUSUMU
盲人の鍼灸師さんが体系化したというのは少し違います。
初め井上恵理先生や小野文恵、岡部素道、竹山晋一郎などが当時痛む場所にしか刺さない鍼灸師ばかりの経穴的治療が流行っていた中、古典医学を復活させようと経絡を重視した経絡的治療を広めようとしました。
その中で初学者でも分るようにと簡略化したのが始まりです。
そして福島弘道先生に対して盲人の治療体系を作るように指示しました。
前者が経絡治療の始まり。
後者が東洋はり医学会の始まりです。
2010/03/31 12:41 AM posted by: 為澤です
SUSUMUさん、コメントありがとうございます。
東洋はり医学会の成立過程と混同してしまったようです。

訂正させていただきます。

またなにかご指摘があればお願いいたします。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kigyou-kai.jugem.jp/trackback/23
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
経絡時計
はり犬(TAIHAKU)
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM